(Topインターネット編>「とは」「って」をつけて検索)



「とは」「って」をつけて検索

仕事でもなんでも、調べたいことがある場合は人に聞かずにまずは「ググれ!」
とよく言われますね。(「ググれ!」=google検索エンジンを使って調べろ!)

この際に、調べたい語句の語尾に「とは」または「って」を加えるだけで
さらに検索結果を絞ることができ、目的の語句を調べることができます。

例えば、「オラクルマスター」という語句。(データベースのITベンダー資格の1つです。)
この語句を、「オラクルマスターとは」と「オラクルマスター」で検索比較してみましょう。

■「オラクルマスターとは」でググってみた結果[90件に絞ることができた]

■「オラクルマスター」でググってみた結果[42700件と、非常に多くのページが出てきた]

違いがわかりますでしょうか?
「とは」をつけて検索した方が、オラクルマスターとは何かを知りたい場合には
「オラクルマスター」で検索した結果より有効であると思われるページが出力されていますね。

全ての語句でこれが通用するとは言い切れませんが、
「とは」「って」などを語尾につけるだけで検索結果も変わるのだということを
認識しておくだけでもいいでしょう。