(Top現場TIPS>1つを究める)



1つを究める

システムエンジニア、プログラマになる前は、
この業界でやっていくためには、
様々なプログラミング言語、ネットワークの知識、
データベースの知識、新しい技術などを
全て覚えていかなくてはいけないのか?
という疑問がありました。

実際に現場で働いてみると、
そんなことはありませんでした。
もちろん、
中にはほぼ全ての技術をマスターしている方もいらっしゃいますが。

データベースは得意だけど、それ以外はほとんどわからない。
プログラミングは得意だけど、HTMLはまったくわからない。
このような方々が大半をしめます。

つまり、この技術ならあいつだなと思わせるくらいの
得意な技術をなにか1つでも持っている方々が、
長くIT業界で働いていらっしゃるという印象があります。

得意な技術を1つもち、あとは広く浅くという感じですね。

逆に、あれもこれもと様々な技術に手を出していると、
1つも得意な技術が身につきませんし
いつまでたっても自分自身に自信を持つことができません。
そう、この管理人のように。

ただ、実際の職場では、技術を1つ究める前に仕事内容が変わったりします。
これが現実なので、なかなかうまくいかないのですが。。

しかし、この現実のせいにしていると、
いつまでたっても究めることができなくなり
ITという仕事がつらくなり、辞めてしまうという方が多いです。

ですから、仕事の内容、環境が変わろうとも、
これだけは究めてやるという意志を強く持ち続けていきたいですね。

1年という月日はあっという間です。
気がついたら3年目になっていた。
なんてことは多くのエンジニアが言っています。

私の場合は気が付いたら6年です。
もう後悔すらする暇もない中堅どころです。

たまには(しょっちゅう)何もかもが嫌になって
アヒャーと発狂したこともありますが。
お互い、がんばっていきましょう!

時には上手に息抜きしながら。