(Top文書作成編>資料の読み手は誰か?)



資料の読み手は誰か?

資料と言っても、
社内専用であったり、客先向けであったり、
新人向けであったり、上司向けであったりと、
多種多様です。

資料作成に慣れてくると、
自分自身の資料の書き方のスタイルが決まってきますが、
読み手によっても文書の内容を変えることができたらすばらしいです。

特に、現場から離れている管理職の方々の多くは、
新しい技術については現場人間より知識が無いです。

ですから、管理職向けの資料とはいえ、
専門用語には注釈なりをつけてわかりやすくしておくといいでしょう。

会議用ではなく、電子媒体としての資料であるならば、
注釈を書かずに、よりくわしい情報が載っているURLだけ記述しておくのもいいですね。

要は、ケースバイケースってことになりますね。