(TopWindows編>ごみ箱に入れるだけではだめ)



ごみ箱に入れるだけではだめ

不要になったファイルをごみ箱に入れても、
パソコンの残り容量は増えません。

考えてみれば当然ですね、[フォルダ]という入れ物から[ごみ箱]という入れ物に
ファイルが移動しただけですから、
パソコン全体の容量はこの時点ではまだ変わりません。

パソコンの残り容量を増やしたければ、
[ごみ箱を空にする]必要があります。

ごみ箱を選んで右クリック→[ごみ箱を空にする]でOKです。

ごみ箱に入れずに、直接ファイルを削除したい場合は、
ファイルを選択し、SHIFTキーを押しながらDELETEキーを押します。

これで残り容量の増加という目的は果たせました。ですが・・・


厳密に言いますと、
[ゴミ箱を空にする]または直接ファイルを削除しても、
ファイルを復元できる方法はあります。

パソコンのシステムの話になりますが、ファイル削除というのは、
実はファイルの内容が保存されているパソコンのアドレス先を削除しているだけなんです。

何らかの手法でそのアドレス先が判明すれば、
さらにそのアドレス以降のデータが他のデータに上書きされていなければ、
削除したデータを再びみることができます。

ゴミ箱を空にしたからといっても、
そのファイルが復元できる可能性を含んでいることに注意してください。

完全に復元できないように削除したければ、
[データ]+[完全削除]等でグーグルなどで検索してみてください。
ツールがいろいろありますので、お試しになってみてください。